「癌」と「詐欺師」

「癌になりました」と発信してから、がんサバイバー(がんを経験したすべてのステージの人のことを言うそうです)の方からの相談が多くなりました。

ご無沙汰しています。
日々忙しくてブログと講座を放置してました。
 
 
がんサバイバーさんたちからの相談には、旦那は私が笑顔だと再発はしないと信じて疑わない(ネットにそういった情報がたくさん載ってますよね)から、ニコニコ笑って過ごすのが辛い、本当は不安な気持ちを分かって欲しいのに!って方もけっこういらっしゃいます。
 
悪い所を取ったからもう大丈夫でしょ?ってスタンスも悲しくなるよ。
いつも陰で泣いてるんだ!!って訴えたいよね。
「癌を盲腸みたいに言うな」ってね!
 
 
日本語(笑う 癌)では、「笑いに癌治療効果が医学的に立証された」という検索結果がぞろぞろ出てきますが、それに比べ、英語(cancer laugh)では、「どうやったら癌患者を笑わせることができるか」というのがダダダーと出てきます。
特にアメリカは医療訴訟大国なので、そんないい加減な情報を載せると、こんなに毎日笑ってるのに癌が治らないじゃないか!!と、一般人でも訴えられますからね。
「笑う」は、無料だけど、これを飲むと、このサプリを服用すると、この食事療法をやると癌が消える!なんてありえません!そんなものでなんとかできると思わず、病院へ!!
これをするだけで、
痩せる!バイリンガルになる!男性を虜にできる!遠隔ヒーリング可能!龍が見える!○○の生まれ変わり!霊能者です!
こんな嘘っぱちからだまされないようにしましょうね。
賢くなりましょう。お金を大切に!
もう、詐欺られ大国日本なんて言わせないよ!!
 
 
がんサバイバーは、手術で全てを摘出できたとしても心の奥底には不安を抱えて生きています。
なんて言葉がけしたらいいんだろうって悩んでる方は、「がんばれ!」って勇気づける言葉より、「食べたいものを持っていくよ!」って言われた方がうれしいわ、私はね。
食べやすいもの、大好きなもの、そして、お守りが入ってたら泣いてしまうかも。
参考にしてくださいね。
 
葉月のセッションはあなたを幸せに導くことができます。
少しでも早くこの苦しみから逃れたい方。その悩み、葉月に相談してみませんか?
どんなセッションなのか気になる方は単発コースから始めてみてくださいね