我慢して我慢して、爆発

スピリチュアル(霊視)占い依存症克服専門カウンセラーLes Jours de Bonheur 葉月アフロダイティです。

ある日、ブチ切れてしまい、

暴言を吐き、罵詈雑言。

それを言ってはお終いよ(寅さん)

相手の心にトドメを刺す。

感情の処理がうまくできない人は
恋人を精神的に追い込み
恋愛が長続きしません。

そして、
感情の処理がうまくできない人は
普段、
小さな不平・不満を
我慢して堪えています。

これくらいのことは
言うべきじゃない、
自分も悪いかもしれないから
我慢しよう。

そうやって
堪えた不満や理不尽な思いは
貴女のこころに蓄積され、
許容範囲を超え、沸点に到達して
ある時大爆発します。

(わたしは爆発する前にぶっ倒れました。
倒れた記事→占い依存症
関連記事→ 『重い女』と思われたくない。だからって本音を隠すと・・・

そして更に
爆発したことを謝る勇気もなく、
爆発した自分をひたすら責めます。
そして 今度はストレスを蓄積し始めます。

自分を責めた
ストレスだらけのマイナス思考なこころは
不満や理不尽な出来事に
より一層、焦点が当たるようになります。

このように、
感情の処理をうまくできない人は
不必要な我慢がとても多く
問題が起こると
自分ひとりで抱え込んでしまいます。

自分だけが苦労しているという見方が
また、不平・不満を
膨らませるのです。

改善策ですが、
まずは、
相手に言う。
あるいは、聞いてみる。

ため込まず、アプローチすることです。

いやなことを
されたり、言われたりしたときには
「〇〇しないで」
「〇〇って言わないで」

嫌われた?
嫌な思いをさせてしまった?
と感じたら
「何か嫌な思いをさせてしまった?」
と、小さな不満や理不尽な思いを言葉にして伝えればいいんです。

自分が悪いからなのかは
貴女が決めることではありません。
相手がそう感じるかどうかです。
相手に話してみましょ。
しっかりとコミュニケーションをとってみましょ。

話してみると
相手は貴女が思っていたような反応はしないかもしれません。

もし、万が一
相手にいやな思いをさせていたり
傷つけてしまっていたのなら
「ごめんなさい」って
素直に謝ればいいんです。

でも、素直に話しているのに
無視されたり、
「やめて」と言っても嫌がる行動を続ける人とは
「付き合わなくてもいい」「逃げてもいい」
そう、離れてもいいんです。

これらを全部試しても尚、
こころが傷ついているのなら、
その時、自分の感情に寄り添うのです。
そうすると、
少しずつ少しずつイライラから解放されて
穏やかになっていくんです。

↓こちらもお読みください。↓
『重い女』と思われたくない。だからって本音を隠すと・・・

今日も1日、ご自分と向き合って素敵な人生にしてくださいね。

本サイトに掲載された全ての記事は、葉月アフロダイティに帰属します。
著作権/無断転載・引用禁止. 当サイトが提供する情報、画像、音声等を、権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
葉月のセッションはあなたを幸せに導くことができます。
少しでも早くこの苦しみから逃れたい方。その悩み、葉月に相談してみませんか?
どんなセッションなのか気になる方は単発コースから始めてみてくださいね