理不尽な人に遭遇

近所のモノプリへ買い物へ行った時の話。。。

ひとりでチーズを選んでおりました。

賞味期限の近いもの順に陳列している日本とは違い、
パリは、まー、てきとーに並んでます。

中には賞味期限切れてるものまであります。
だから、一通りチェックして
一番フレッシュなものを選びますわな。

なんでも自己責任の国です。
支払った後に文句を言っても後の祭りです。

そんな国です、ここは。
イヤ、
わたしが白人でオリジンのフランス人なら違うのかも。。。

もちろん、
わたしだけじゃなく、どのお客さんも商品チェックしています。

たまごに関しては、
割れているものもあるので、
フタを開けて割れていないかチェック、(洗浄してないから鳥のうんちまみれ)
箱の底もひっくり返して割れてないかチェック、(箱は紙でできてるから割れてたら濡れてるのよ)

こっちのマダムもムッシュもキッズもみーんなやってます。

でもね、
一生懸命チーズを選んでるわたしが気に食わなかったんでしょうね。

陳列係のおばさんが、(ココ、開店と同時に陳列開始です
モノプリ「マダム、止めてもらえる?」

わたし「無視っ」

モノプリ「マダム、マダム!!」

わたし「????は?わたし?」

でも、止めずに、一番賞味期限の長いチーズを選びました。
だって、おかしいでしょ。
なぜ止めないといけないの?つか、なぜわたしにしか言わないの?

①依存全開の自分時なら、
一方的で差別的な要求にイラッとしても何も言い返せず、
行動をストップしていたでしょう。
帰ってからもずーっと嫌な気持ちを抱えたまま
何時間も過ごし、うまく対応できなかった自分を責めてたでしょう。

②自立に移行中の時なら、
「うっせーーーー!!くそばばー。
ほかの客にも言えやい!!!この差別主義者!!!!」
と、文句を言っていたでしょう。(日本語か英語でね。

③相互依存関係にある今のわたしなら、
「こんなふうに歳はとりたくないわー」
同じ土俵には上がらず、そんな人間にはならないでおこう、
と冷静に思います。

で、いったん離れてまたチーズ選びに戻りました。(*’▽’)

よく、
・バカとは戦うな、
・同じ土俵に乗るな、
・言い返したら負け、
・許してあげよう、
ってアドバイスがあるけど、

自分のことが嫌いな人や
依存全開の人が
こういったアドバイスを実行するのは難しいです。

だって、
ステージが違うから。
当たり前なんです。

””素敵女子(意識高い系)の考え方ができない””
イコール
””だから自分はダメなんだ””
って思わないでください。

もし、理不尽な人に会った時、
まずは自分の気持ちを大切に。
そして、
自分のステージ①②③を理解すること。

自分のどんな気持ちでも肯定することから始めましょ!!

こういった残念な人って世界中どこでもいます。
ネットの世界なんてうじゃうじゃでしょ。

モノプリのおばちゃんなんて
わたしにとってどーでもいい人なので
今回、無視して境界線を引きましたが、

これが、上司、大切な人たち、なら、
また状況が変わってきます。

そこらへんの対処法はセッションにて。

こうやって記事にさせてもらえた
理不尽なおばちゃんに感謝しなきゃね。

めるしーぼーくー

今日もご自分と向き合って素敵な1日にしてくださいね。

葉月のセッションはあなたを幸せに導くことができます。
少しでも早くこの苦しみから逃れたい方。その悩み、葉月に相談してみませんか?
どんなセッションなのか気になる方は単発コースから始めてみてくださいね